相続税の税務相談は無料で可能?

相続税の税務相談は無料で可能?



このサイトでは相続税の税務相談を税理士に依頼する場合のポイントについて解説しており、他の方法でもできるかも紹介をしています。
また実際には話を聞いてくれる担当者の経験や実績に依存するケースもあり、人によって温度差が存在するのも事実です。
専門家に依頼をする場合には有料になるケースも多く、大抵は時間制になっています。
もっとも案件の中身によっては無料となるケースもあるため、事前に料金を電話で聞いてからの方が良いです。

相続税の税務相談は無料?税理士に依頼する場合のポイントについても解説!

相続税の税務相談は無料?税理士に依頼する場合のポイントについても解説! 相続税は、色々と知っておかないと後で莫大な税金の請求が来る恐れがあります。
基本的に自治体の税務相談の場合は無料で行ってくれていることが多いですが、多くの方が訪問する関係上、事務的になることも多いです。
他にも税務署でも基本的に窓口があるのでそこで解説して貰うこともできますが、意外と親身に相談に乗ってくれず、知らないとそのまま課税されてしまいます。
街の税理士に相続税の相談を行う場合は有料になってしまうことが多いですが、比較的丁寧に解説してくれます。
一番良いのは親身になって解説をしてくれることであり、やはり相続税のことは金額によっては税理士に依頼した方がスムーズに事が運ぶことが多い傾向があります。

税務署で相続税の相談をすれば相続で損をしない

税務署で相続税の相談をすれば相続で損をしない できるだけ相続で損をしないためには、遺産が発生した場合に放置したりせず、速やかに相談や納税を行うことが大切です。
相続税について誰に相談したらいいのか判らない場合には、税務署に聞いてみると良いでしょう。
税務署は納税者に正しく納税してもらうために窓口を開いており、電話での相談が可能です。
また、近くに税務署があるといった場合には足を運んで直接職員からアドバイスを受けることもできるので、電話では判りにくい、書面を見てもらいながら直接教えてもらいたいといった際には面談がおすすめです。
また、これらのアドバイスや面談はあくまで行政が行っているものであり、料金が発生しないのも嬉しいポイントです。
法律事務所や税理士事務所にアドバイスを求めると、多くの場合は時間あたりの料金が発生してしまいます。
相続税について知りたいけれど予算がない、ちょっとしたことを教えて欲しいだけといった場合には、行政を頼るのが良い方法です。
相続税はもちろんのこと税金に対する知識を多数持つプロフェッショナルとして、もっとも最適な納税方法などを教えてくれるでしょう。
納税には期限もあるため、相続で損をしないためには、早めに動くことが重要です。

相続税に関して税務署から封書が届いた場合

相続が発生し約半年ほど経過した頃に、税務署から封書が届く事があります。封書の内容には相続税についての申告等のご案内と相続税についてのお知らせの2種類があります。
相続が発生した全世帯に送られてくるわけではありません。国税総合管理システムや税務署の膨大なデータベースから、納税税の発生すると予測される世帯に送付されます。
2種類の内、広範囲の人に確認を促しているのがお知らせで、申告が必要な可能性が高い相続人に届くのが、相続税の申告等のご案内です。
どちらが届いても、放っておいたり適当な返答はせずに、期限までに遺産総額が基礎控除額を超える場合は納税し、満たない場合でも申告要否検討表を作成し提出します。
申告期限が過ぎても何もしなかった場合は、調査が行われます。結果が問題なしなら良いですが、期限後申告や決定処分が見つかると無申告加算税や延滞税が発生します。課税逃れの虚偽申告が見つかれば重加算税が課せられます。

相続税の税務はとても複雑で死亡した人の所有するすべての財産が対象です。

昔は家督相続といって生きている間に財産などを長男に相続して渡し隠居生活に入るなどしていましたが、現在の民法と相続税法では、死亡によって開始する、となっているので生前に相続することはできません。
相続税は所得税や法人税等の税務と違い、毎年決まって発生するわけではなく一生に一度の税金です。人が亡くならないと相続はありませんので、少し特殊な税務と考えることができ、又、この相続税には申告のなかで財産評価という非常に難解が案件がからむことで難しいといわれています。
相続税は、亡くなった人の持っているすべての財産に課税され、また、一切の権利義務を引き継ぐことにもなります。
つまり、プラスの財産と負債などのマイナス財産も同時に引き継ぐので、その対象範囲はとても広いものとなり、申告期限も相続開始を知った日の翌日から起算して10ケ月以内に申告納税をしなければなりませんので、専門家の税理士等に躊躇なく相談することをおススメします。

相続税の課税割合と納税確率及び税務について

相続税という税金は、所得税や法人税と違いやや違った性格をもつものです。所得税等は毎年、毎年発生するものであるのに対し、相続税は死亡によって発生するものなので通常はその人の一生に一回限りの税金です。
また、死亡した人すべてにかかるものではなく、課税価格といって一定の財産を残した人のみが課税されることとなります。
ちなみに2019年に亡くなった人は全国で約138万人と2020年12月に国税庁が発表しています。このうち相続税の課税対象にとなった人は約11.5万人なので課税される割合と確率は約8.3パーセントになり、ここ数年は8パーセント前半で推移しているとのことです。
そのため相続税を払っている人は、10件に1件にも満たないわけであり、財産家やお金持ちに対する税金というイメージがあるのも頷けます。
税務はとても複雑難解で専門家の税理士等でも財産の評価という場面において、見解が大きく割れることもあり、特に土地については不動産鑑定士など精通した専門家も踏まえて協力体制が取られた税理士事務所を利用することがおススメです。

相続税に関する税務調査及び遺留分侵害請求の時効について

誰しも相続の機会に遭遇する可能性はあるものの、その機会が数少ないことから、どのように処理すればよいのか、またどのようなことに気を付ければよいのか知らないことが多いことと思います。
金銭や不動産を相続した場合、まず考えなければならないのは相続税です。必ず税務署に申告する必要があるものの、これにともなう相続税は、金銭的な価値や権利を有する人の数によって、非課税となる範囲が異なるため、早いうちから所有する資産とその規模を把握しておくことが必要です。
また、遺言というものはほとんどの人がご存じかと思いますが、全て遺言どおりに実施されるわけではありません。遺言によって誰かひとりにすべての財産を相続するとあっても、資格のある人は遺留分侵害請求権というものがあり、本来受けるべき分の1/2に相当する資産を請求する権利を有しています。
ただし、この権利については相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年間行使しないときは、時効により消滅します。

相続税の税務で自宅の評価はとても有利です。

相続税は今やお金持ちや財産家だけの税金ではありません。基礎控除という、この金額までなら税金がかかりません、という控除金額が下げられ普通に暮らしている庶民にまで納税する人が多くなってきています。
しかし、自宅の敷地は相続税法上税務が優遇されており、具体的には小規模宅地の特例という制度を使えばかなりの節税が出来るばかりか一切相続性の支払が無くなる場合があります。
この制度は、自宅に敷地の330平方メートルまでは一定の条件に当てはまった場合、80パーセントの減額を受けられる制度です。
何と、1億円の評価額が2000万円にまで下がるという素晴らしい特例です。相続税も他の所得税などの税制と同様に財産金額が多ければ多いほど多く納めなければならない累進制度を取っているため、小規模宅地の特例制度を使えるか否かによって納税金額が大幅に変動しますので、専門の税理士や公認会計士さんによく相談することをおススメします。

新着情報

◎2022/7/10

情報を更新しました。
>相続税に関して税務署から封書が届いた場合
>相続税の税務はとても複雑で死亡した人の所有するすべての財産が対象です。
>相続税の課税割合と納税確率及び税務について
>相続税に関する税務調査及び遺留分侵害請求の時効について
>相続税の税務で自宅の評価はとても有利です。

◎2021/12/15

サイトを公開しました